特定調停というのも任意整理による手続きと同じく、おのおのの貸方に借金の支払いを続けることを前置きとした借金を整理する方法のことをいいます。

他の表現でいうなら裁判所が関与する負債整理といえます。

この特定調停という方法も任意整理による手続きと似ていて、破産宣告とは異なって特定のお金だけを処理することが可能ですので、他に保証人が付く契約を別として処理していく際や住宅ローンを別として検討する際なども検討することも良いですし、資産を処分する義務はないので、株式や有価証券自分名義の資産を持っていて、処分したくない場合などでも有効な借金整理の手続きです。

手続き後返済が必要となる額と実現可能な可処分所得を比較して、返済が見通せるようである場合はこの手続きで進めることに問題ありませんが、破産と違って負債自体がなくなるのではありませんので、借入金の量が巨額なような場合は、実際問題としてこの特定調停という手続きを進めることは困難であると判断することになるでしょう。

いっぽう、この解決策の場合は国の機関が介在しますので司法書士等にゆだねなくても立場が弱くなってしまうことはないという点や手続きのためのコストを節約できるというメリットはあるのですが各債権者からのわずらわしい取り立てに対し債務者本人が処理する必要があることや、所定の裁判所にことあるごとに出頭する手間がかかるなどの覚えておきたい点もあります。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

さらに、任意整理による手続きに対してこの方法により解決が得られないときには利息を全部付けた形で返していかないといけないといった点や結果としては貸し手に返していく額が任意整理による方法の場合よりも割増しになる傾向がみられるという注意点もあります。