民事再生という選択は住宅ローン等を含めた多重の債務に苦しむ利用者を念頭において住んでいるマンションを維持しつつも経済的に立ち直っていくための法的な機関による債務を整理する選択肢として2000年11月にスタートした解決方法です。

この法律には、破産手続きとは違い免責不許可事由はないので、散財などで借金ができたような場合においても民事再生は問題ないですし破産申告をすると業務が行えなくなるポストで収入を得ている人でも民事再生は検討可能です。

破産宣告では、住居を保有したままにすることは不可能ですしその他の選択肢では、元金は支払っていかなくてはなりませんので、住宅ローンなどもある一方で支払うのは現実として簡単なことではないでしょう。

でも、民事再生による手続きを選択できれば、住宅のためのローン以外での負債はかなりの額を減額することも可能なため、ある程度余裕に住宅のローンを返しながら残った債務を支払っていくようなこともできるということになります。

とはいえ、民事再生という選択は任意整理による手続きまたは特定調停といった手続きと異なり特定の借り入れを省いて手続きしていくことは許されませんし破産手続きの際のように借り入れ金自体が帳消しになるということではありません。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

さらに、これ以外の選択肢と比べると手続きの手順が手間が必要ですので、マンション等のローンを組んでおり住んでいるマンションを維持したい場合などを除外して、破産宣告等のその他の整理ができない際の最後の解決策としておいた方がいいでしょう。