介護に関するサービスを受けようと思う人は、まず「要介護認定」を受けなければいけません。 順序としては、まず要介護認定の申請を市町村の窓口に申請書を提出します。 申請人は原則としてサービスを利用する本人でなければいけませんが、既に寝たきりや本人の意志が確認できないなど病的な理由で本人が申請できない場合は、代理人が申請する事も可能です。 代理人は家族、親族、介護保険施設や地域密着型介護老人福祉施設の他、地域包括センタ―や指定居宅介護支援事業者などが代行可能です。 次に、申請書受領後、初めての認定調査には原則として市町村の職員が調査に来られます。 申請者の日々の生活状況を調査して、どの程度の介護が必要であるかを審査する為の資料を作成する事を目的として認定調査を行います。認定調査内容は、基本調査や概況調査、特記事項に関する質問からなります。 、審査には主治医意見書も必要ですのでかかりつけの医師に書いてもらいましょう。 最後に、必要書類が揃えば審査になります。審査後認定結果は市町村から郵送で申請者に届きます。